資料集〜定期的に交換するべきパーツ

お車のパーツも使っているうちに消耗・疲弊し、本来の機能を果たせなくなる部分が出てきます。単純に走行距離で計れるものもあれば、お車の使用頻度が少なくても経年劣化するものもあります。ここではその中でも定期的に交換するべきものを挙げます。

タイヤ(5年 or 溝1.3mm以下)

タイヤの溝にスリップサイン(サイドの△マークの延長線上) が出たら交換するのは当然ですが、表面にひび割れが多数発生していたら、溝が充分に残っていたとしても交換時期です。

ブレーキパッド(1mm以下)

パッドの使用限界が来ると、ブレーキをかけるたびにキーキーと音がするようになります。パッドの残りの厚さが1mmを切ってきたら交換目安です。但し、お車の駆動方式や重量配分によっては、4輪全てを交換する必要はありません。重要部品であり交換には技術を要するので、整備工場で交換してもらいましょう。

バッテリー(2〜3年)

バッテリーの寿命はバッテリー上がりで判明することが大半ですが、その兆候で判断することもできます。
例えば、エンジンが掛りにくくなった、ライト点灯時にエアコンなどの消費電力の大きなものを使うとライトが暗くなるといった症状が出たら、早めにバッテリーチェックをオススメします。

ワイパーブレード(1〜2年)

ワイパーブレードはゴムでできており、直射日光、気温の変化、使用による変形で劣化していきます。
雨天の視界を確保するための重要な部品です。拭き残しや拭きムラが出始めたら早めに交換してください。

点火プラグ(2〜3万km)

10万km走行まで無交換のプラグも普及してきていますので、詳しくはご相談ください。

エアクリーナー(3〜4万km)

エンジンにキレイで新鮮な空気を送るためのフィルターです。使用環境などにも左右されますが、汚れたり目詰まりを起こすと、エンジンの不調や燃費にも影響します。

pagetoppagetop

PC | スマートフォン | サイトマップ | 個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)